○○の先輩を大事にする理由

誰にでも先輩や後輩、そして同期がいるものです。

私はこれまで生きてきた中で、もっとも大切にしてきた人間関係は先輩です。

もともと学校に行っていなかったので、

同い年の人よりも年下の人よりも、

圧倒的に年上の人と過ごす時間が多かったのもあります。

 

たまたまそうだった、と言われればそれまでですが、

私に関わってくださる年上の人、

全員に対して、尊敬しながらコミュニケーションをしています。

 

なぜならば「人生の先輩」だからです。

普通に、何かの分野において絶対に自分より知識も技術もありますし、

勉強になる話を教えてくださります。

 

「仕事には年齢は関係ない」

という言葉をよく聞きますし、私も基本的にはそう思っています。

でも、今回の話は仕事ではなく、人生においての話なので、

年上の方には、尊敬の念を抱いてコミュニケーションをとることをオススメします。

 

PS:

 只今、毎日をストレスフリーで楽しく裕福になるための有益情報を無料でプレゼントしています!↓

 LINE友達も同時募集中です!↓
ID検索でゾノさん『@zono3』と検索!!
⇒ 中薗謙史とLINE友達になる

 私のようにWebサイトを構築したい場合はこちらから。
Webビジネスを展開したい個人の方、インターネット集客にお困りの企業様はチェックしておいてください♪↓
⇒ 完全会員制オンラインサロン

 Webサイトで結果を出し続ける中薗と30日間繋がれる、フリースクール講座はこちら↓
⇒ 30日間のフリースクール

 中薗のフェイスブックはこちら↓
⇒ 中薗のフェイスブック
(友達&フォロー大歓迎)

 もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓

 

⇒ 今何位?<人気ブログランキング>

 【完全個別相談】無料相談会申請フォームはこちら↓
時間と場所に左右されないオンライン相談会!!
必要に応じて画面操作サポートをしながら説明します!!
⇒ 【完全個別相談】無料相談会にエントリー

 Web環境システム安心フルサポート保険はこちら↓
「これって誰に聞いたらいいの?」という、お困りを解消します。
パソコン操作やデータ管理方法に悩んでいませんか?
「分からないところが分からない!」
これを解決すれば一気にビジネスが飛躍するはずです。
月額980から始められる安心サービスです。
今すぐチェックすることをお勧めします。
必要に応じて画面操作サポートをしながら説明します!!
⇒ Web環境システム安心フルサポート保険

  • コメント: 0

関連記事

  1. カレー

    いつもと違う事を積極的にした方が良い理由。

    毎日が、「無限ループ」になっていしまうと、なかなか抜け出せません。…

  2. コラム

    自分を卑下して良い事なんて一つもない。

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  3. コラム

    背伸びの精神を持ったほうが良い理由

    私は、これまで身の丈をわきまえずに幾度となく背伸びをしてきました。…

  4. コラム

    懐かしいという感情とどう向き合うか?

    懐かしいなぁ、と思う感情は誰にでも訪れる基本感情のひとつです。た…

  5. 旅行

    アンコールワットを巡りました!

    Angkor Wat、Angkor Thom gate、Elepha…

  6. コラム

    ビジネスに良い悪いはない、好きか嫌いかだけ

    「何か良いビジネスはないですか?」と聞いてくる人がいますが、結論から…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

MAIL MAGAZINE

LINE

RADIO

ONLINE SALON

FREE SCHOOL

FACEBOOK

BLOG RANKING

PICK UP

PROFILE

『不登校・非行・高校退学からの、高校教師。』

地元札幌の有名中高一貫校に入学するも、不登校を経験したのちに非行に走り、終いには高校3年生の6月に退学処分を受ける。


プロフィール全文はこちらからどうぞ↓

ARCHIVES

  1. マインド・考え方

    元取るぞ!マインドを捨てる理由
  2. コラム

    日ハムから学ぶ泥臭い生き方と目標管理
  3. 健康

    燃焼マシンとマッサージ
  4. お金・マネー

    第3話 独自ドメインのサイトを手にしておく価値。
  5. サイト内全記事表示

    自由が好きな人なんて、本当はいない。
PAGE TOP