通勤も通学もすでにオワコンなのかもしれないと思う今日この頃に。

個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに、活動をしている中薗です。

こんにちは。

今日は、ちょっとまじめな話をします。

 

私は、自分自身の経験やキャリアから、

自然に日本の不登校問題に非常に関心を持っています。

そして、今現在その方面で自分ができる活動を少しずつ進めています。

で、最近ですがこんなヤフーニュースを見つけました。

『不登校 過去最多更新の意味とは』

https://goo.gl/b9nKji

 

最新の文科省のデータによると、不登校生徒の人数が過去最高となった、というものです。

私はこういうニュースを読むたびに、何とかしたい心底思います。

 

怒りとも悲しみとも言えない、

なんとも言えない胸が締め付けられるような気持になります。

 

なぜ、子どもたちは、学校へ行けなくなるのか。

親や教師は、その原因を必死で探ろうとします。

でも、その答えは大人たちにはつかめないのです。

 

不登校になる生徒の気持ちは、

不登校になったことある人間にしかわからないんです。

だから、それがわからない大人たちの間違った対応によって、

かえって余計に事態がこじれちゃうんです。

 

で、最初はただちょっと学校へ行かないだけで、

家庭では普通に振舞っていた子どもが、

大人たちがあれこれこねくり回していくうちに、

だんだんと元気がなくなってきて、本格的に引きこもり状態になったり、

家庭内暴力が始まってしまったりするようになるんです。

 

ここで、私の持論をはっきりと伝えます。

なぜ、学校へ行かなくなってしまうのか。

その答えは、

「学校に、会いたいと思える人が、1人もいない」

多分、シンプルにこれが正解だと私は思っています。

自分もそうでしたから。

 

たとえ多少イジメを受けていたとしても、

たった1人でも、学校で話したい、

顔を見て声を交わしたい人がいたら、

なんとか学校へ行こうとするんです。

そのたった1人は、生徒でなくても教師でもいいんです。

 

たった1人でも自分の存在を認めてくれる人がいたのなら、

その人に会いたい、コミュケーションを取りたい。

という一心でなんとか学校へやってくるんです。

でも何かのきっかけで、

そのたった1人がいなくなったとき、

子どもたちは心を閉ざし、唯一残された安全地帯である家に籠るんです。

心で泣いているんですよ、子どもたちは。

 

それを、特に保護者の皆さんはわかってあげて欲しい。

今学校へ行かず口答えばかりしているあなたの子は、

心の中でこう泣き叫んでいるんですよ。

 

「せめて母さん、いまの私をそのまま受け止めて。私は苦しい。

私という存在をそのまま認めてくれる人が学校に1人もいないから。」

ってね。

 

いま、不登校の低年齢化が急速に進んでいます。

小学生が不登校になる現実。

今日だって、小学校6年生の子どもが自殺した、というニュースに驚きを隠せませんでした。

正直、涙がでそうなくらい辛くなります。

あんな小さな子どもまでも学校へ行けなくなる状況って、

どれだけ学校が殺伐としているのか、想像できますか?

 

本当は友達と一緒に元気いっぱい、

楽しく遊びたいんですよ、学校で。

勉強だってしたいんですよ。

なのに、学校へ行けなくなる子どもたち。

小さな胸を痛めながらも上手く言葉にできない子どもたち。

会いたいと思える人が1人もいない学校。

このままでは、日本の将来がガチで心配です。

 

私はこの不登校問題に対して、

自分のできることをこれからも地道に進めていきます。

特に自分が不登校だった時に出会い、救われたこのITのジャンルで。

 

学校へ行かない子どもたちの可能性を引き出し、

本当に生きる力をつけるお手伝いができたらと考えています。

 

この記事を読まれて、意見や反論もあるかと思います。

そんなあなたは、ぜひ私にその意見反論をぶつけてください。

 

そして、いままさに不登校で引きこもっているよというそこのきみ、

よかったら私と交信取り合いませんか。

あなたの本当の気持ちを、私に吐き出してください。

親や先生には言えないことでも中薗には言ってもかまいません。

全然驚かないし、きみを軽蔑したり決してしないから。

安心してね。

https://line.me/R/ti/p/%40qei6424e

 

それにしても改めて、

通勤にしても通学にしても、

なぜ毎日毎日絶対に通わなきゃいけないの?

って素直に疑問です。

 

行かなくたって仕事はできるし勉強だってできるし友達だって作れるのに。

もう、通勤も通学も私の中ではオワコンですね。

 

早く「通う」ことがただの選択肢の1つと軽く言えるような

自由な社会になってほしいなあ。

いやホントに。

 

 

 

PS:

☘ 只今、毎日をストレスフリーで楽しく裕福になるための有益情報を無料でプレゼントしています!↓

☘ LINE友達も同時募集中です!↓
⇒ 中薗謙史とLINE友達になる

☘ 私のようにWEBサイトを構築したい場合はこちらから。
WEBビジネスを展開したい個人の方、インターネット集客にお困りの企業様はチェックしておいてください♪↓
⇒ 完全会員制オンラインサロン

☘ WEBサイトで結果を出し続ける中薗と30日間繋がれる、フリースクール講座はこちら↓
⇒ 30日間のフリースクール

☘ 中薗のフェイスブックはこちら↓
⇒ 中薗のフェイスブック
(友達&フォロー大歓迎)

☘ もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓
⇒ 今何位?<人気ブログランキング>

✅ オススメ関連記事↓

関連記事

  1. サイト内全記事表示

    「言葉」って結果的に「呪文」なんですね。〜ことばの重みを知る〜

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  2. サイト内全記事表示

    「相談できない」ことを「相談できない」場合に取る手段とは!?

    幼い頃に、「わからないことがあればすぐに聞きましょう!」というフレーズ…

  3. お金・マネー

    死を選択するくらいなら、辞めてしまえばいい 〜たった3個の確認ポイント〜

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  4. お金・マネー

    健康保険と同様に、収入保険を考えよう!

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  5. お金・マネー

    たまねぎ丸ごとカレー

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  6. 不安解消

    夢がないときの夢の叶え方

    「夢を叶えよう」と言われても、「夢がない」という悩みに直面した経験はな…

MAIL MAGAZINE

LINE

RADIO

ONLINE SALON

FREE SCHOOL

FACEBOOK

BLOG RANKING

PICK UP

PROFILE

『不登校・非行・高校退学からの、高校教師。』

地元札幌の有名中高一貫校に入学するも、不登校を経験したのちに非行に走り、終いには高校3年生の6月に退学処分を受ける。


プロフィール全文はこちらからどうぞ↓

ARCHIVES

  1. サイト内全記事表示

    言い訳する心理。
  2. お金・マネー

    反省に次ぐ反省。
  3. お金・マネー

    「○○の方法」という教材を買ったのに上手くいかない3つの理由とは?
  4. オンラインサロン情報

    お互いに幸せになる商品提供
  5. サイト内全記事表示

    A型なのに丼物好きなんだ!? 〜「価値観」という壁の乗り越え方〜
PAGE TOP