12万人を超してしまったようです。

おはようございます。

中薗のりふみです。

 

12万人を超してしまったというショッキングなニュースです。

何の数字かというと、日本の小中学校での不登校生徒数の数字です。

先日のYahoo!ニュースで大きく取り上げられ、問題の視点は「不登校生徒が学校に行かずして、なぜフリースクールに通うのか?」という問題についてでした。
そのニュースで取り上げられていた不登校生徒数の数字は今、およそ12万3000人ということ。

12万人といったら、観光地としても有名な北海道小樽市と変わらない数字ですから驚きです。

 

これが義務教育だということに驚きませんか?

私もこの数字にかつては含まれていたわけですが、なんと1997年以降10万人を下回ったことがないという現実。

数十年前は、学校に行かない、来ないという人がいると「なんで!?」という感覚だったと思うんです。

 

でも今の時代どうでしょうか?

「不登校ですか。」とそんなに珍しくない感覚になってしまっている気がするのは私だけでしょうか。

 

この記事が2,3日前から気になっていたので今日、この場で情報発信させていただきますが、あなたは不登校と聞いて一番苦しんでいる人は誰だと思いますか?

 

不登校になっている当の本人でしょうか。それとも親でしょうか。または学校の先生でしょうか。

その答えは明確に本人であると断言できます。

その理由は、「不登校になりたくてなっている子はいないから」です。

さらにずっと不登校でいたいと思っている子もいないからです。

 

「いやいや、親のこっちだって苦しんでいるわよ!」とガッチリとお叱りを受けそうですが、親が苦しんでいる感が見て取れたご家庭のお子様で不登校を克服したケースは見たことがありません。

子どもが学校に行けなくても親は明るく「ちょっと先生〜聞いてくださいよ〜!」と明るくアウトプットしているケースは早くても半年、遅くても1年半くらいで克服しています。

 

親子で一緒になって殻にこもると完全に停止してしまいます。

私も不登校時代はとにかく家族とたくさん話しました。これでもか!というほど話しました。

 

誰かに相談するということは、その問題を理解していない人に相談しても「そうなんだ、大変ね。」になってしまう可能性もありますが、理解のある知人やカウンセラーに相談すると意外に気が楽になったりするものです。

しかもインターネットを活用すれば、同じ境遇の人を巻き込んでコミュニケーションを取ることもできる時代なので有効的に活用するほかはないと思っています。

 

急ぎは禁物ですが、文部科学省の統計結果で、中学校3年生までに不登校を経験した子どもの5年後というデータがあります。

その中の一つの項目に、「会社員として勤務」が全体の10%を切っているという事実は隠しても隠し切れない紛れも無い事実です。

 

その子に適した活躍方法をいち早く発見して、元気に復活することを見つけてあげるのが周囲の人間の責務でもありますよね。

私は、不登校を克服させてくれた周囲の大人に非常に感謝しています。

 

「今、こんな悩みを抱えているんですけど、過去の解決事例とか知りませんか?」

など、メッセージをいただければどんどんお答えしていきたいと考えています。

LINEのご登録後にメッセージを送るのが最も簡単です!
LINE@はお悩み相談、意見交換に気軽にメッセージをください!!

友だち追加数

 

 

応援クリックお願い致します!⇒ 人気ブログランキングへ


関連記事

  1. マインド・考え方

    プロギャンブラーのぶきさん×中薗謙史 ~HONMARUラジオ ガチ対談より~ 1/2

    先月11月1日に、私がパーソナリティーを務める「HONMARUラジオ」…

  2. ビジネス

    「また、行きたい」「また、会いたい」と思うたった1つの基準とは!?

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  3. サイト内全記事表示

    「完璧になってから」では日が暮れてしまう。

    仕事をお願いして、ある程度時間が経過してから話をかけると、こう答える人…

  4. サイト内全記事表示

    好きな事の見つけ方。

    誰でも、これからの人生において、今この瞬間が一番若い。1ミリで…

  5. サイト内全記事表示

    絶対になくならない仕事 = キャバ嬢。

    10年後から20年後には約50%近くの人の仕事がなくなる、という統計デ…

  6. サイト内全記事表示

    挑戦:達成 = 9:1

    「挑戦:達成 = 9:1」これでも言い過ぎかな?もっと…

MAIL MAGAZINE

LINE

RADIO

ONLINE SALON

FREE SCHOOL

FACEBOOK

BLOG RANKING

PICK UP

PROFILE

『不登校・非行・高校退学からの、高校教師。』

地元札幌の有名中高一貫校に入学するも、不登校を経験したのちに非行に走り、終いには高校3年生の6月に退学処分を受ける。


プロフィール全文はこちらからどうぞ↓

ARCHIVES

  1. サイト内全記事表示

    【Ans.1】私が“これ”を始めた理由とは?
  2. コラム

    大企業社員と公務員の価値観に感情を揺さぶられるな
  3. お金・マネー

    お金を尊敬していますか?
  4. コラム

    生き時間と死に時間
  5. お金・マネー

    第5話 行動しようとする人としない人の相違点。
PAGE TOP