「○○の方法」という教材を買ったのに上手くいかない3つの理由とは?

情報商材と聞くと、あなたはどんなイメージをしますか?

あまり、世間から好印象を持たれてはいないというのが現実だと、私は思っています。

濁さずにハッキリとした言葉で表現すれば、「詐欺なのではないか」「何となく怪しい」という印象だという事です。

実際に、中身がないと言ってしまえば大げさかもしれませんが、「結局何が学べるのか」という教材も多く出回っていると思いますので、そのような印象を持たれる事は仕方ありません。

私は2年前に、インターネットを通じて不登校支援活動をしておりました。

極稀に、「なぜ不登校支援活動をやめたのですか?」という質問をいただきますが、やめてはいません。

簡単にはやっていない、というだけです。

やはり、この活動に関しては、一人ひとりに面と向かってお会いして解決に向かっていく問題であると考えるからです。

実は、不登校問題のジャンルの情報商材も世の中にはあります。

私個人の意見として発信しますが、不登校問題は、DVDなどのパッケージ教材で解決するという事は、根本的には不可能だと確信しています。

実際に、私がお会いする不登校のお子さまを抱えていらっしゃる保護者様の中には、教材を購入したという方も少なくはありません。

その声を聞くと、「何をすれば良いのか“?”だった」「買って後悔した」という声があります。

結局は、上手く行かなかった、という事です。

本記事は、教材を買ったのに上手くいかないのはなぜか?その理由を3つにまとめた記事になっています。

 

「方法論 < 感情論」という意識で学ぼうとしていないか?

世の中に出回っている情報商材は、もちろん稼ぐ系の教材だけではありません。

冒頭でも書きましたが、不登校のご家庭を対象として教材もいくつか販売されています。

とにかく、数多くのジャンルの教材が存在しています。

数年前、皆が口を揃えて、ひっきりなしに「マインド、マインド」と言っていた時期がありました。

「マインドが低い、そんなんじゃ成功できない」「君は、マインドが高いね」と言った感じです。

マインドとは、そもそも直訳すれば「意思、精神、心」です。

確かに、何かに取り組む場合には大事なポイントであると思います。

 

私は、高校1年の途中で、お誘いがあって野球部からラグビー部に部活を変えました。

ほぼラグビー未経験の私に、「マインドを上げろ」と指導してくる方は、もちろん誰一人いませんでした。

ルール、パス、タックル、スクラム、道具の使い方。つまり「方法」を教わりました。

それは、口頭での説明だけではなく、先輩たちの動きを見て覚えるといった事も含みます。

要は、ネットビジネス業界の教材は、感情論がメインのものが多く、肝心な方法が重点的に学べないという教材が非常に多いと思うわけです。

やり方もしらないのに、感情だけ高めても空回り続けるだけです。

教材を否定しているわけではありません。自分が一瞬でも信じた教材から学べる事は、100%自分の中に落とし込むレベルで取り組まないといけません。

取り組みもせずに、「詐欺だ」「騙された」と言うのは、ちょっとどうかな、とは思いますね。

感情だけ高めて、いざ作業をはじめて、分からない事や苦手なポイントがあると意識が下がってしまう。

これは、誰にでもある事ですが、「方法論<感情論」なのは、いわゆるノウハウコレクターです。

学んで成果を出すためには、それぞれの段階に適して、常に「方法論=感情論」である必要があるんです。

 

目的が「?」の教材のセールスに洗脳されている!?

最終的に、何を目指しているのかが「?」なのにも関わらず、教材を購入するほど危険な事はありません。

5W1H、つまり「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「なぜ」「どのように」を理解しないまま学ぼうとしても、結局は根底が「?」のままです。

あなたは、どのように、何をすべきか?

そして指導者は、どのように、何をしてくれるのか?

さらに、最終的に教材をこなす事によって、どのようなゴールが望めるのか?

最低限でも、このポイントだけは抑えてから購入しないと、永遠に頭の中は「?」のままなのです。

 

また、「本当に自分に適した環境なのか?」という点も冷静に見極めた方が良いです。

大勢のコミュニティーに身を置いて学ぶスタイルが適しているのか、一対一の個別対応で学ぶスタイルが適しているのか?これは、結構大事なポイントですよ。

学習塾でも、クラス形式の塾なのか、個別塾なのかで成績の上がり方も大きく異なってきますから、インターネットを活用して学ぶにも、自分に適した環境を選択する事に全てがかかっていると言っても過言ではないんです。

派手な生活や、車、時計、女、金などのパフォーマンスだけに憧れを抱いて、その教材を購入しても、肝心な「方法論」が分からなければ、あなたには何一つ技術は身につかないでしょう。

大事な事なので繰り返しますが、5W1H、つまり「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「なぜ」「どのように」が見えずに、目的が「?」の場合は、一旦冷静になる事です。

このあたりについては、「稼ぐ事を全面的に出さない理由」でも触れていますので、ご確認する事をオススメします。

 

自分の理想像を明確に定められているのか?

漠然と「稼ぎたい」という思考は、理想像ではありません。

「生きたい」と言っているのと同じレベルだと、私は思います。

生きるためには、衣食住が必要です。

衣服の脱着方法、食事の仕方、生活をするためのルールや方法を幼い頃に教わってきたから、今の私たちがあるわけです。

稼ぎたいというのは目的なんです。

つまり、稼ぐためには稼ぐために必要な幾つかの目標を立てなければ、目的は達成できません。

“それ”を取り組む事によって、一年後には○○、半年後には○○、3ヶ月後には○○という形で明確な理想像がないと、真っ暗闇に飛び込む事と同じなんです。

インターネットを活用して何かに取り組んで成果を生み出す事は、仕事だという事を忘れてはいけません。

サラリーマンが副業で取り組もうが、お金を支払って頂く相手には無関係です。

考えてみて下さい。

組織で働いたご経験のある方であれば、お分かりになると思いますが、企業理念、年度目標、月間目標、週間目標というものがありませんでしたか?

これと全く同じなんです。

無計画に感覚だけでやって成果が出る甘い仕事ではないわけです。

 

実際に、私のケースを軽くお話しますが、現在の公式ブログのPVは平均して一日300程です。

多いでしょうか、少ないでしょうか。

感覚は人それぞれだと思いますが、最初のうちは一桁の日々が続くわけですよ。0だった事もあります。

記事数を増やして、SNSなどから公式サイトに誘導したり、試行錯誤を繰り返せば成果は出ます。

でも、多くの人はここで諦めてしまいます。なぜならば、目的が不透明な状態で取り組んでいるからです。

ここで、「あー、もう無理」と諦めるのか、1ヶ月後までに100PVを目指して取り組み始めるのか、という事なんですよ。

 

まとめ

何かしらの教材を取り組んで、成果を生み出すには夢を見る事ではない。

「どのような方法で、何に取り組むのか?」「自分には適しているのか?」と冷静に判断する必要がある。

稼げる、成功したい、といった闇雲な理由だけはで絶対に上手くいかない。

 

一歩を踏み出せない時にオススメの記事:

【重要ポイント】結局、人間を構成するのは「体験」なんだ。

 

PS:

☘ 只今、毎日をストレスフリーで楽しく裕福になるための有益情報を無料でプレゼントしています!↓

☘ LINE友達も同時募集中です!↓
⇒ 中薗謙史とLINE友達になる

☘ 私のようにWEBサイトを構築したい場合はこちらから。
WEBビジネスを展開したい個人の方、インターネット集客にお困りの企業様はチェックしておいてください♪↓
⇒ 完全会員制オンラインサロン

☘ WEBサイトで結果を出し続ける中薗と30日間繋がれる、フリースクール講座はこちら↓
⇒ 30日間のフリースクール

☘ 中薗のフェイスブックはこちら↓
⇒ 中薗のフェイスブック
(友達&フォロー大歓迎)

☘ もしよろしければ、ぜひクリックしていただけると助かります↓
⇒ 今何位?<人気ブログランキング>

✅ オススメ関連記事↓

関連記事

  1. ビジネス

    品川・田町でミーティングデイでした!

    午後から日頃お世話になっているデザイナー兼ライターさんと、品川で打…

  2. コラム

    例外を主張するのではなく、定番を極める方がいい理由

    世の中には、どの分野にも例外というものがありますが、例外を主張する人…

  3. コラム

    既読無視か?やり取り終了か?

    最近、自分よりも10歳も下の人とLINEでやり取りすることがあり「…

  4. インターネット活動で重要なポイント

    『会員制オンライン予備校』の作り方とは!?

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  5. コラム

    クレーマーにフォーカスしてはいけない理由

    どの業界でも残念ながら、クレーマーが存在し、多くの人はそれに頭を抱え…

  6. マインド・考え方

    「ゼロ」or「イチ→無限」〜良くも悪くもゼロかイチ〜

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

MAIL MAGAZINE

LINE

RADIO

ONLINE SALON

FREE SCHOOL

FACEBOOK

BLOG RANKING

PICK UP

PROFILE

『不登校・非行・高校退学からの、高校教師。』

地元札幌の有名中高一貫校に入学するも、不登校を経験したのちに非行に走り、終いには高校3年生の6月に退学処分を受ける。


プロフィール全文はこちらからどうぞ↓

ARCHIVES

  1. コラム

    一緒にボランティアから始めませんか?
  2. ご挨拶・お知らせ

    新宿で打ち合わせしてからの大阪へ!
  3. インターネット活動で重要なポイント

    表現力と質問力がマッチした結果
  4. コラム

    安室ちゃんのことが好きな理由
  5. コラム

    加護ちゃんに連絡してみることにしました!
PAGE TOP