決め事が意味をなさない理由について。

こんなに小さなメディアに来てくれる方は正直、物好きです。

よっぽどコアな検索ワードで検索しない限り、私のこのメディアにはたどり着けないはずなんです。

ですから、今回この記事にお越しいただけた事に感謝いたします。

「本当に、ありがとうございます。」

 

私のサイトにお越しいただける方に、共通して言える事は1つだと思うんですね。

「こうしたい」や「こうなりたい」という自分の理想像は持っているのではないか、という点です。

その理想を現実にするためには、目標を立てて行動しなければならない、という事は誰もが言われなくてもわかっているし、同時に言われたくない事ですよね。

 

人は、目標を達成するために“約束事”を作るのが大好きです。

大げさですが、日本の法律、都道府県ごとの決め事、市町村のルール。

会社の規則、部署ごとの決まり、家族の決め事、恋人同士の誓い。

しかし、その殆どが、本当の意味で守られていないのが現実なんじゃないのかなあ、と感じているわけです。

 

例えば、こういう話。

定時を過ぎているのにも関わらず、長々と会議をして、あーだこーだと話し合う・・・。

会議で発言する事が正義のような雰囲気の中、中身の無い発言が次々を交わされていく・・・。

しかし翌日以降からは、そんな取り決めなどなかったかのように日常の日々が続いていく・・・。

全員で決めた“決め事”って何だったのだろうか・・・。

サラリーマンの方や、サラリーマンをご経験された方であれば、このようなご経験はないでしょうか。

 

または・・・

・浮気をした彼に、浮気を二度としないという約束をしたけれど、また浮気された。

・もう遅刻はしません、と約束をしたのにも関わらず遅刻を繰り返す。

・来月こそは絶対に営業成績をアップさせますと約束したが、成績は上がらない。

さまざまな約束が毎日のように交わされているわけです。

 

人と人の関係も、“決め事”で成り立っているといっても過言ではないし、社会的に効力を持つようにするには、書面での約束が必要になりますよね。

わかりやすいところで言えば、契約書、解約書、誓約書、婚姻届、離婚届、出生率、死亡届、などです。

このように人は、人と約束や契約をしますが、守られない事もあるのが世の中です。

悲しいけど、認めざるを得ない大切な話です。

 

誰と約束をしようと、どんなに効力を持った書類で契約しようと、その“決め事”を「守る」「やり通す」「実行する」という事を最終決定するのは自分の心でしかないわけです。

それは心だから、別に書面でどうこうという話ではないんです。

 

正直、大企業や大人数でのやり取りになればなるほど、“決め事”は守られにくくなってきます。

それはそれで、なあなあに毎日を生きていれば問題ない、という話でもあるわけです。

「はいはい、わかりましたよ。」と言って、それなりにこなしていれば良いのですから。

 

ただし、「現状を変えたい」という場合には、自分が自分で決めた“決め事”を守り抜く必要があるし、それはとんでもなく難しい。

そんなに簡単な話ではないのです。

これこそ心の問題で、「絶対にやる!」と覚悟を決めないと守り通せないわけですよ。

 

今回のタイトルを、「決め事が意味をなさない理由について」としたのにはこういう理由があるからです。

「“決め事”をしたあとに自分の中で覚悟を決めなければ、絶対にその“決め事”は守れない」

この事を、このメディアに来てくれた皆様に伝えたいのと同時に、今一度自分自身にも言い聞かせたいのです。

 

“決め事”とは結局保険で、どこかに不安があって、相手を100%信用出来ないから誓約書などが実在していると思うんです。

“決め事”をする、だけでは意味をなさない。

だから個人レベルでの、覚悟が必要となると考えているわけです。

どんなに人と“決め事”しても、自分の中で“覚悟”が定まらないとやり切れないんです。

 

本日のランキングは!?
⇒ 人気ブログランキングへ

関連記事

  1. ビジネス

    そろそろ呼吸を始めないか?

    「未来に残るWeb資産」をコンセプトに、トータルWebプロデュース活動…

  2. インターネット活動で重要なポイント

    保険屋さん、はじめます。

    このたび『保険屋さん』をはじめる事になりました。『Web環境シ…

  3. オンラインサロン情報

    オンラインサロン開業&セミナー講師になるための仕組み作り

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  4. コラム

    もっとも最悪な自己表現。 〜12年前の校長先生からの手紙〜

    大人になるにつれて、人から何かを学ぶという機会は減ってくるものです。…

  5. ビジネス

    いつかは撮りたいを、今に写す。

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  6. サイト内全記事表示

    「不」から抜け出せないときに取ってよかった行動とは?

    中薗のりふみです。今日もお越しいただいて、本当にありがとうござ…

MAIL MAGAZINE

LINE

RADIO

ONLINE SALON

FREE SCHOOL

FACEBOOK

BLOG RANKING

PICK UP

PROFILE

『不登校・非行・高校退学からの、高校教師。』

地元札幌の有名中高一貫校に入学するも、不登校を経験したのちに非行に走り、終いには高校3年生の6月に退学処分を受ける。


プロフィール全文はこちらからどうぞ↓

ARCHIVES

  1. コラム

    バナナマン日村さんがモテる理由
  2. ビジネス

    京都に移動して川島塾に参加です。
  3. ボランティア

    プロギャンブラーのぶきさんのトーク力が神ってる件 ~HONMARUラジオ ガチ対…
  4. サイト内全記事表示

    退学と解雇を経験してわかったこと!
  5. お金・マネー

    【オンラインセミナー】感謝メッセージです
PAGE TOP