【Ans.10】仕事をする上での方針とは?

この音声は10個の質問の回答になっております。

10個の質問は、こちらからご覧ください。

今回はラストの質問です。

私においても、あなたにとっても根幹の部分となる大事なポイントです。

ぜひ、お付き合いよろしくお願いします。

【Q10】仕事(または学業)において方針としている事は何ですか?


「人と比べないこと」

最終回の話は、非常に重要ながらシンプルです。

私は今まで、人と比べられた事は何度もありましたが、人と比べた事は一度もありません。

大げさに聞こえるかもしれませんが本当の話です。

 

昔からスポーツ万能で、ある程度勉強もできました。

北嶺中学校に入学してからは、勉強の「べ」もしなかったので一瞬で落ちこぼれましたがスポーツは神っていました。

高校1年の秋にラグビー部からの引き抜きがあり、エースでしたが野球部からラグビー部へシフトチェンジ。

前にボールを落としてはいけないというルールと、前にパスをしてはいけないというルールしか知らなかったので、全力で突っ走るしかありませんでした。

だから、先輩だろうがなんだろうがブッ飛ばす事に専念していました。

「あいつは体がデカイから」

「身体能力が高いから」

とか、比べられていましたが、自分のベストを尽くしていたまでです。

 

人と比べても意味がない。

比べても仕方がないんですよ。

もっと言えば、そのときの自分ができるフィールドで本気出せばいい。

 

東大に入学して一流の商社マンでバリバリやっている友人もいれば、弁護士もいる。

超一流の営業マンもいるし、大手メディア関連の奴もいる。

昨年の夏なんて、深夜に腹痛で救急病院に行ったら、なんと主治医が同級生って始末だ。

 

ただ、こっち側にはこっち側の生き方ってものがあるんですよね。

一昔前では100%考えられなかった仕事のスタイルを選択する事ができるのが、今、この瞬間です。

しかも、それに巡り会える奴ってアウトローな奴、限定です。

結局私が好きなタイプって、人生どこかで挫折を経験している奴。

 

学生時代頑張って、良い企業に入社して、その後の目的って何なのか?

私も大学時代は超頑張ったわけ。

そして、約1,500名の従業員数がいる民間教育企業に入社しました。

でも何か違ったんですよね。

出世争いとか、保護者様の満足度アンケートとか、ちょっとズレているなと思っていました。

“その企業から見れば、自分がズレているから辞めた”

自分でやってみようって、決心した。

同時に覚悟も決めた。

人に何と言われようと、構わないって。

そして、今があるんですよ。

 

一つだけ言える事があります。

文句、不満、愚痴・・・。

これらを言いながら、嫌々働くなんて人生の無駄でしかない。

本当はもっと、みんなやりたい事、大きな夢をもって就職したはずです。

でも、それがその環境で出来ない事を文句にしてはいけないんですよ。

そこでチャキチャキやっている素晴らしい人もいるわけなんですから。

本気でそこでやるのか、個人でやるのか、はっきりしろ!

という事です。

ムキになっちゃいました。

ごめんなさい。

 

良い学校 → 良い会社 → 良い結婚 = 良い人生

 

という固執した考え方は、もう取っ払った方がいいし、誰もが本当はそうではないと気がついているはず。

でも、自分で自分を言い聞かせて生きている人生は虚しい。

人と比べず《自分の本当に得意で好きな事》それで生きていけるための手段と情報は、世の中にゴロゴロ転がっている。

あとは“それ”を見つけて、行動するだけなんですよね。

 

私のところには「結局どうしたらいいんでしょうか?」

という質問が1日に何件かくるんです。

多少返信に時間がかかる事もありますが、100%全員に返信しています。

マジで切羽詰まったときは、電話相談もするし、気合いの入れた音声を送ったりもする。

 

私は中高時代に道を踏み外した事で、大きく人生を変えてしまったかもしれない。

どういう理由で、このような流れの人生になっているのか、自分でもわからない。

やっぱり行いが悪かったのだろう・・・。

ただ、自分で何とかするという成功事例を自分なりにだけど、見つけてきた。

私の情報発信は、それらの《失敗→成功》のアウトプット。

それで、微量ながら私のこの小さなメディアから救われた人のいるのも事実。

 

私が一貫して、伝えていきたい事。

「あなたは、あなた」

「人は、人」

という事です。

 

超シンプルですが、意外とできないこと。

そして固定概念に縛られている人ほど、できないこと。

だから私は、これからも人とは比べないで自由に生きるし、

あなたも、このあたりの類の部分で悩んでいるのであれば、そうする事を本当に推奨したいんです。

これが、私の仕事においての方針であって、伝えたい事なのです。

 

今回の10個のまとめの音声は、こちらからお願いします。

【30日間のフリースクール】という情報コミュニティーも運営をしていますから、様子だけでもいいので覗いて欲しいです。

「結局、どうしたらいいんだろう?」

頭の中に、この文字が浮かんでいる場合には最適な環境を用意しています。

本日のランキングは!?

⇒ 人気ブログランキングへ

関連記事

  1. サイト内全記事表示

    ただ、ヒマなだけ。〜自分の判断と、目の前のことに集中する。〜

    余計な事で心配したり、うじうじと悩んで寝れないなんていうのは、ヒマだか…

  2. コラム

    おい、教師!

    先日、札幌の小学校教師が、とんでもない犯罪で逮捕された件。女子…

  3. サイト内全記事表示

    自分を変えるのか、環境を変えるのか。 〜幸せな人と不幸な人の違い〜

    前々回の記事から、幸せについて書き連ねています。この内容は私の…

  4. コラム

    一緒にボランティアから始めませんか?

    勘の良い人は気がついているのでしょうが、私の活動の大半はボランティアで…

  5. インターネット活動で重要なポイント

    オモイを強く持っている人=全員尊敬

    今年、僕の情報発信の媒体を1つ増やしました。→ http://…

  6. ビジネス

    フリー!フロント!バックエンド!

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

MAIL MAGAZINE

LINE

RADIO

ONLINE SALON

FREE SCHOOL

FACEBOOK

BLOG RANKING

PICK UP

PROFILE

『不登校・非行・高校退学からの、高校教師。』

地元札幌の有名中高一貫校に入学するも、不登校を経験したのちに非行に走り、終いには高校3年生の6月に退学処分を受ける。


プロフィール全文はこちらからどうぞ↓

ARCHIVES

  1. ご挨拶・お知らせ

    【新年】私が今年、かなり力を入れる5つの事。
  2. インターネット活動で重要なポイント

    「情報を取りに行く」スタンス
  3. コラム

    脳が麻痺してる。
  4. インターネット活動で重要なポイント

    これが私の習慣です!
  5. サイト内全記事表示

    不義理に対しての根本的なスタンス 〜不義理を自分の糧にする思考〜
PAGE TOP