自由が好きな人なんて、本当はいない。

地元札幌は、超がつくほどの大雪で毎日が慌ただしく過ぎている感じがします。

運転をしていても、街全体が落ち着かない。

でも、そんなときこそ、冷静さ、淡々さが必要ですよね。

直進の信号待ちでも、左折で入りたがっている車がいたら、入れてあげればいい。

一台入れただけで、どれだけの時間が短縮されるのかなんて目に見えているし。

私は最近、みんな何にそんなに急いでいるのかも、わからなくなってきた感じがします。

一般的に考えると、私は全てにおいて自由が多いし、好きな事を仕事にして、好きな人とだけ交流しています。

 

ただ、本音の部分で感じている事があるので、この記事でシェアしたいと思います。

「自由が好きな人なんて、本当はいない。」

と、今年の秋くらいから感じ出したわけ。

インターネットで、情報収集をしていると、「自由」という言葉を多く見かけるし、過去の私もそういった発信をしてきたかもしれません。

でも、ちょっと待てよ、と。

生きている時点で、既に自由ではないんですよ。

世界、そして日本のルールに踊らされて生きているから。

世の中の仕組み、つまりシステムに踊らされてみんな生きている。

それは、私だってそう。

「本当の自由」って、よく考えると、もしかしたら恐怖の世界かもしれません。

どんな人間でも、結局最低限の何かしらのルールが必要だと思うんですよ。

 

だから、私はこうしているんです。

そして、こう意識をしているんです。

「どこで踊るかくらい、自分の好きな場所を選ぶ。」

「誰と踊るかくらい、好きな人を選ぶ。」

生きている事が、自由ではないのであれば、環境と人脈くらいはノンストレスにしたいですよね。

それが今の私の環境であって、それに心から満足しているわけ。

今年は環境と人脈に、ストレスを感じた事は、ゼロだったからね。

 

そんな環境と人脈のおかげさまで、来年から更に活動の幅を広げられそうです。

今年、私に相談をしていただいた方は、それぞれの方向に向かって、スタートを切りました。

これが私にとって、最も嬉しい事ですよ。

 

ブログや、SNSで私の事を知ってくれて、連絡してきてくれる・・・。

そして、お互いに色んな事を話たり、やり取りをして、良い方向に向かっていく・・・。

深夜から朝方まで、悩みの解決に時間をかけた事もあります。

でも、全然苦じゃないですね。本気で“好き”だから。

 

「今の会社を辞めたい」

「自分の趣味を仕事にしたい」

「育児をしながら、隙間時間で仕事がしたい」

「自分の音楽を世間に広めたい」

「時間にも経済的にも自由が欲しい」

 

この一年間、人の数だけ“したい”があると、心底感じさせていただきました。

本当に、ありがとうございました。感謝しています。

 

でも一点だけ、注意があります。

自分の“したい” = 本気で好き
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

じゃないと、“自由”が“苦痛”になってしまう可能性がある、という事です。

中途半端な、“したい”や“好き”は自分を不幸にするし、相手も不幸にさせてしまいますからね。

仕事でも、恋愛でも、そして結婚でも。

 

だから、自分の“したい”や“好き”が、どの程度なのか?

と、ガッチリと年末に向き合って、本気で“好きだ!”と言えるのであれば、2017年は新たな人生を最高のカタチでスタートを切れると思います。

 

本日のランキングは!?
⇒ 人気ブログランキングへ

関連記事

  1. サイト内全記事表示

    人脈を「作る」という考え方の問題点

    「私はこんなに人脈があるんだ。」人脈自慢をしている人をたまに見ます…

  2. サイト内全記事表示

    退学と解雇を経験してわかったこと!

    おはようございます。中薗のりふみです。東京での日帰りの…

  3. コラム

    価値観は時の流れで変わりゆくもの

    あなたとは、価値観が変わってしまってとても残念だわと言って、常に価値…

  4. サイト内全記事表示

    できない事はしなくていい理由って?

    できない事に悩むって、時間のムダだと思うんですね。不得意を平均ライ…

  5. 不安解消

    嫌いなヤツは自分の鏡である!

    インターネットやテレビで情報に触れていると、「この人好きじゃな…

  6. お金・マネー

    買い物する時、商品自体に興味はない!

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

MAIL MAGAZINE

LINE

RADIO

ONLINE SALON

FREE SCHOOL

FACEBOOK

BLOG RANKING

PICK UP

PROFILE

『不登校・非行・高校退学からの、高校教師。』

地元札幌の有名中高一貫校に入学するも、不登校を経験したのちに非行に走り、終いには高校3年生の6月に退学処分を受ける。


プロフィール全文はこちらからどうぞ↓

ARCHIVES

  1. ビジネス

    バッテリーを交換してきました!
  2. コラム

    1000回の常識よりも、1回の非常識
  3. コラム

    脳で記憶するのと、心で記憶することの違い
  4. ビジネス

    あなたが貧乏なのは、その差別意識が原因です。
  5. コラム

    そんなに、大げさな事じゃない。
PAGE TOP