こんな時代になっても、まだ人と比べているのはバカ過ぎる。

ネットで情報収集していると、こんな記事をよく見かけます。

「人と比べなくてもいい」

本当に、その通りだと思いますし、人と自分を比べる必要性なんてないと心底思っています。

なぜなら、その理由は明確にあって、それは今までの学校教育や社会に少なからず責任があるってこと。

どういう事かというと、誰かが1位になれば、その他大勢は1位にはなれないんですよ。

 

例えば、小学校の運動会の徒競走。

順位制を廃止したとか、今更になって言い始めても全然遅い。

今まで、そんなくだらない半強制的な順位付けで、どれだけの人が自信や勇気を失ってきたのか、と考えると超おろそしいですよ。

 

私は思うんですよね。

これから生き延びていくためには、人と比べる必要はゼロ。

そして急激な進化を遂げている時代に個人レベルでどこまで対応できるか、これにかかっている、と。

だから、絶対に人となんて比べる必要は全然ないんです。

個人の問題だから、人といつまでも比べているとバカという話なんですね。

あまり綺麗な表現ではなくて、申し訳ございません。

 

そして最も大事なのは、

他人と比べない = 自己ベストを尽くす
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

という事を知るのが大切です。

 

別に、その環境で1位にならなくても、自己ベストを出し続けていれば、いつか1位になれるんです。

そしてそれは、気付いた時になっているもんです。

人と比べまくっている時は、自己ベストを尽くす事は残念ながらできないんです。

その理由は、目線が他者だから。

自分の行動とか、仕事に集中していないからベストを出せないんですね。

 

そんな事を言っている私にも、そんな時があるわけ。

人間ですからね、実在する。笑

偉そうに語っているだけではない、という事をあなたには知ってほしいんですね。

こんな私のいろんな経験と価値観を共有する事が目的であって、それに共感していただける事で私のブログと情報発信に意味が生まれます。

だから、意識を高める事もできるし、その中で自己ベストを尽くす事だってできるんです。

常に私の目線は、読者様と自分だからです。

綺麗事に聞こえるかもしれませんが、本気です。

「読者様が大切」ではないです。

「読者様と、自分が大切」という事です。

自分を大切にしているから、新しい挑戦を積極的にしています。

とにかく場数を踏んで、いろんな失敗をして、そこから結果を生み出していけばいいと思っているので。

そして、その“失敗”と“結果”は大いに共有したいと考えています。

この情報の共有が、あなたのためであって、そして私個人の力になるからです。

 

ここ最近意識している情報発信は、これしかないんですね。

不登校、不良、ニート、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

フリーター、引きこもりが最強だ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もっと言えば、

サラリーマンでも
〜〜〜〜〜〜〜〜

社畜になって文句ばっかり言っている人。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そのパワーをもっと自分に使え!

と本気で思っているし、私も過去の自分にもう一度会えるなら同じように喝を入れるね。

ガッツリと。

周りの人なんて、言うほどあなたの事をそんなに見ていない。笑

だから人と比べずに、思いっきり振り切って何かにチャレンジすればいいというメッセージなんです。

 

本日のランキングは!? ⇒ 人気ブログランキングへ

関連記事

  1. 不安解消

    嫌いなヤツは自分の鏡である!

    インターネットやテレビで情報に触れていると、「この人好きじゃな…

  2. サイト内全記事表示

    【Ans.6】何をしている時に「最もストレス」を感じるのか?

    この音声は10個の質問の回答になっております。10個の…

  3. 不安解消

    夢がないときの夢の叶え方

    「夢を叶えよう」と言われても、「夢がない」という悩みに直面した経験はな…

  4. サイト内全記事表示

    【Ans.4】私は「これ」をしている時が一番の幸せです。

    この音声は10個の質問の回答になっております。10個の…

  5. インターネット活動で重要なポイント

    保険屋さん、はじめます。

    このたび『保険屋さん』をはじめる事になりました。『Web環境シ…

  6. サイト内全記事表示

    人を信じるという事

    よく、「騙された!!」という人がいます。何気ない日常で聞く機会…

MAIL MAGAZINE

LINE

RADIO

ONLINE SALON

FREE SCHOOL

FACEBOOK

BLOG RANKING

PICK UP

PROFILE

『不登校・非行・高校退学からの、高校教師。』

地元札幌の有名中高一貫校に入学するも、不登校を経験したのちに非行に走り、終いには高校3年生の6月に退学処分を受ける。


プロフィール全文はこちらからどうぞ↓

ARCHIVES

  1. インターネット活動で重要なポイント

    「情報を取りに行く」スタンス
  2. ご挨拶・お知らせ

    【新年】私が今年、かなり力を入れる5つの事。
  3. マインド・考え方

    反対な事を言うときの心理を暴露、そして対処法
  4. コラム

    お金では買えない友情物語。
  5. ボランティア

    通勤も通学もすでにオワコンなのかもしれないと思う今日この頃に。
PAGE TOP