「感情的」の使い方と、「興奮」の使い方

先週一週間のアクセス分析をしていると面白い結果が出てきました。

「感情的にならない」という検索キーワードが非常に多いんですね。

全体の6割を占めていました。

「お〜、そんなにみんな感情的になりたくないんだな〜」

と思いながらチマチマと分析していたわけですよ。

 

私は分析大好き人間なんですね。

どこのURLをクリックしてきて、このサイトに来てくれたかとか、

ページにアクセスしてくれたあと、ページに貼ってあるリンクにどれだけ興味を持ってくれているのかとか、

細かいですけど、超分析しているんです。

一日中、パソコンの前にいても全然苦にならないので、

インターネットでの人の動きを分析するのが最近楽しくてハッピーな毎日を過ごしています。

一見、室内にこもって、冷静にパソコンの前に張り付いていると思われがちなんですが、

「毎日、超感情的になって興奮しまくってますよ!」という話をしたいんです。

 

感情的になるというのは、我を失う、つまり理性が効かない状態ですよね。

思うんですけど、ガチガチ理性で固められた日々ってつまらなくないですか?

何か上手くいく時や、チャンスで力を発揮する時ってアドレナリンが出ているわけです。

それって、つまり理性とかそんなものは効いてないんですよ。

こういう意味のある感情や興奮を、私は凄く大事にしています。

「興奮している」っていい事だと思うんです。

だって、いい意味での興奮状態で取り組んだ仕事の方が結果が出る時とかってあるじゃないですか。

なので、このタイプの感情や興奮を忘れてはいけないんですよね。

 

でもでも!!

私のブログにアクセスしてくれている方が知りたい「感情的にならない」って、イライラを抑えるという意味なんです。

感情的になりたくない、と思う時点では絶対に負の感情的になってしまうと思います。

生きていれば、「うわ〜こいつムカつくわ〜!くそ〜!」って思う人に出会う事があります。

それって、ムカつくだけでしょうか?

私は、綺麗事なしで、「学び」だと考えてるんですよ。

 

例えば・・・

教師が生徒相手にイライラして感情的になってしまう。

→ 学費をいただいて学べる。

上司がウザい。

→ 給料をいただいて、反面教師として学べる。

このように考えれば、変に感情的になる必要もないですし、ムダに興奮する必要もないんです。

 

要はですね、

世の中には、

意味のある感情的と、意味のない感情的があって、

その先には、

意味ある興奮と、意味のない興奮があるんです。

 

ですから、感情的になる事が必ずしもいけない事ではないですし、人生時には感情的になる事も必要なんです。

常に理性のカタマリを背負った人生って本当に辛いですよ。

 

恋愛が一番わかりやすいですね。

理性だらけの男女関係ほど、つまらない恋愛はないと思っています。

 

「感情的」と「興奮」を、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その局面によって使い分ける。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これを実践できれば、本当に毎日が楽しいと思いますよ。

ぜひ、実践してみてくださいね。

 

応援クリックお願い致します!⇒ 人気ブログランキングへ

関連記事

  1. サイト内全記事表示

    迷ってしまうのは、情報の選択肢が多いから。

    今朝、テレビで面白い特集をやっていました。外国の方に、いろんな…

  2. マインド・考え方

    「ゼロ」or「イチ→無限」〜良くも悪くもゼロかイチ〜

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  3. サイト内全記事表示

    「真実は、自分で作れる!」 〜真実の作り出し方〜

    真実は、自分で“作り出す”もの。事が起きるのを待っていては、自…

  4. インターネット活動で重要なポイント

    やってみる。

    私が最近、心の底から強く思うことがあります。何事も、やってみる…

  5. お金・マネー

    生きた軌跡をカタチにしよう!

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

  6. ソーシャルメディア

    付かず離れず

    個人が特技を生かして、「未来の資産として残る仕事をする」をコンセプトに…

MAIL MAGAZINE

LINE

RADIO

ONLINE SALON

FREE SCHOOL

FACEBOOK

BLOG RANKING

PICK UP

PROFILE

『不登校・非行・高校退学からの、高校教師。』

地元札幌の有名中高一貫校に入学するも、不登校を経験したのちに非行に走り、終いには高校3年生の6月に退学処分を受ける。


プロフィール全文はこちらからどうぞ↓

ARCHIVES

  1. サイト内全記事表示

    人脈を「作る」という考え方の問題点
  2. 日常

    宝来でランチをしました!
  3. サイト内全記事表示

    フリースクールの立ち位置と効果的な使い方 〜フリースクールだから不登校なの!?〜…
  4. サイト内全記事表示

    「相談できない」ことを「相談できない」場合に取る手段とは!?
  5. 人間関係

    ずっと一緒にいたいな♪と心から思える人の条件
PAGE TOP